top of page
  • Akari

税理士は事業の良きパートナー




会計事務所とはどういったものか、ご存知でしょうか?

会計事務所は、税理士事務所、税理士法人、公認会計士事務所、監査法人などの

総称を意味しており、独占業務を持つ税理士や公認会計士が在籍しています。

税務や監査、会計の専門家がいる場所と考えるといいかもしれません。


その中でも税理士は、中小企業の経営者やフリーランスで働く人達にとっての

貴重なパートナーとなります。


税理士は節税の提案、経営状況の把握、補助金の活用など、

ビジネスの成長と持続可能性を支える重要な役割を果たします。

本記事では、税理士が事業において、なぜ良きパートナーとなるのか、

その理由を探っていきましょう。



1. 節税の提案を随時受けられる


税理士は、税務に関する専門知識を持っています。

そのため、法的な範囲内での節税策を提案し、

ビジネスの利益を最大化するためのサポートをしてくれます。

節税の機会を見逃さず、効果的な税務戦略を立案することで、

事業の収益性を向上させることができます。



2.経営状況がすぐに分かる



会計事務所が提供する記帳代行サービスにより、経営状況をリアルタイムで把握することが可能です。

正確な帳簿管理や財務諸表の作成によって、ビジネスの健全性や課題を把握することができます。

経営状況が悪化した場合には適切なアドバイスを受けることができ、

逆に好調な時にはビジネスドライブに向けた戦略的なアドバイスも受けることができます。



3. 補助金・助成金をフル活用できる


会計事務所は、補助金や助成金の活用にも精通しています。

ビジネスの成長や新たなプロジェクトの展開に必要な資金を調達するために、

適切な補助金制度や助成金プログラムを見つけ出し、申請手続きをサポートしてくれます。

これにより、資金調達の負担を軽減し、事業の拡大やイノベーションを実現することができます。



4.LUPOではより気軽な相談が可能


シェアオフィスLUPOには、公認会計士・税理士も働いています。

普段から近くにいるため、気軽に相談することが可能です。

小さな疑問や問題から、ビジネスの戦略立案や税務に関する深い相談まで、

すぐに専門家のアドバイスを受けることができます。

迷ったときにすぐ聞いて、適切な情報を得ることで的確な意思決定ができ、

ビジネスの成果を最大化することができるでしょう。





これらの理由から、税理士は、節税の提案、経営状況の把握、補助金の活用など、

事業の成長と持続可能性に欠かせないビジネスパートナーといえます。

ビジネスの成功に向けて、信頼できる税理士とのパートナーシップを築きましょう。


LUPOでは、会計士・税理士が近くにおり、気軽に相談ができる環境を提供しています。

シェアオフィスと税務顧問契約を合わせたお得なキャンペーンも実施中。

ご興味持たれた方、どうぞお気軽にお問い合わせください!





※シェアオフィス・税務顧問契約、それぞれのご契約をしていただきます。

※2年間の期限付きサービスとなっており、料金が変更となる場合があります。

※税務については委託対応となっております。

※クラウド会計システム(Money Forwardまたはfreee)のご利用を必須としております。

ความคิดเห็น


bottom of page